日本の現状

ペットの殺処分の問題
 日本では年間20万頭以上の犬や猫が殺処分されています。 動物愛護センターに収容された犬や猫たちは、放棄され た犬や猫は即日、迷子の犬や猫は3~7日後には殺処分されます。一般には安楽死と思われていますが、日本での殺処分の方法はガスによる窒息死で、死に至る までに10分以上掛かり想像を絶する苦痛が伴います
ペット産業とブリーダーの問題 ペット産業とブリーダーの問題

  子犬や子猫の可愛さばかりがアピールされ、飼い主の責任や生涯飼育の大変さについてはあまり語られることがありません。そのためペットショップで安易にペットを購入して、生活や住環境の変化により手放さざる終えなくなるケースが多くあります

  また、パピーミルといわれる、劣悪な環境で繁殖をさせる悪徳ブリーダーによる人気犬種の乱繁殖による遺伝的疾患の蔓延にも多くの問題があります。多くの繁殖犬達は身動きが取れない程の狭いゲージに閉じ込め、最低限の餌と水しか与えず、何年も繁殖させられます

飼い主の問題
安易に自家繁殖をし、飼育しきれない程の多頭飼いになって崩壊してしまう無責任な飼い主が多くいます。

 また、動物虐待、飼育放棄、ネグレクト、地域猫の餌やりによる繁殖増加も社会的な問題になっています。不幸な犬や猫たちを一頭でも減らすために、適正飼育と不妊・去勢手術の重要性を理解してください